不登校解決講演会&勉強会のご案内

※お問い合せの方全員に「涙と笑いの体験報告集」をプレゼント!

不登校から脱け出すたった1つの方法


心理カウンセラー・不登校解決コンサルタントの菜花俊です。
拙著「不登校から脱け出すたった1つの方法」の出版を記念して、不登校でお悩みの親御さんや先生のために、不登校解決講演会&勉強会を出張開催致します。

不登校解決のために必要なこととは?

不登校解決には、

  1. 親御さんへの継続的サポート(週2回以上)
  2. サポート側が疲弊しない仕組みづくり
  3. 親御さん同士の情報共有の場

この3つが必須です。

その詳細をお話しする前に、今までの不登校対策が成果を上げにくい理由を知って頂く必要があります。

今までの不登校対策が成果を上げにくい理由とは?

学校と先生の限界

不登校問題に対し、行政や学校側も対策をとろうとしています。
心理カウンセラーを増員したり、不登校の家庭を担任が訪問するといったことです。
しかし、行政や学校の力だけでは限界があります。

よほど大きな学校でもない限り心理カウンセラーは非常勤です。
先生も授業に忙しく頻繁に不登校家庭を訪問することは出来ません。
また、先生等が会いに行くこと自体、子どものプレッシャーになって逆効果になることもあります。

孤立する親子

そんな中、不登校の親子は孤立しがちです。

  • 周りの子どもたちは普通に学校に通えている・・・
  • 不登校だなんて恥ずかしくて誰にも言えない・・・
  • 誰かに相談したくても、なかなか勇気が出ない・・・
  • たとえ勇気を出して相談しても、「原因はお母さんの接し方です」と言われ落ち込む・・・
  • 「やっぱり私の育て方が悪かったんだ・・」と自分を責める・・

不登校の子を持つ親は、子どもを責め、自分を責め、家族を責め、
他人との関わりを避けがちです。

継続的で頻繁なサポートの必要性

だからこそ、不登校で悩む親子にはサポートが必要です。
それも、継続的かつ頻繁なサポートが必要なのです。

不登校の悩みは毎日の事です。
特にお母さんは24時間、365日頭から離れる事はありません。

  • この子の将来はどうなるのだろう・・・
  • 勉強が遅れてしまう・・・
  • 就職できるだろうか・・・
  • 友達は・・・

など、悩みは尽きません。

出来る事なら毎日、お母さんを励ます必要があるのです。
しかし、現在の行政や学校の取り組みではそれは不可能です。
人的にも仕組み的にも全く足りないのです。

もちろん、先生たちも精一杯努力しています。
学校が終わってから自宅訪問したり、休日返上で不登校児童のために頑張っている先生もいるのです。

中には悩んだり頑張りすぎて、心身のバランスを崩してしまう先生もいます。

だからこそ、先生などのサポート側が疲弊しない仕組みづくりが必要なのです。

親御さん同士の情報共有の必要性

不登校に対する対応は様々です。
子どもは一人一人違いますし、親御さんも様々です。
しかし、みなさん情報共有の場を求めています。

  • よその家庭はどうやって不登校から脱け出したのか?
  • 子どもに対してどう接すれば良いのか?
  • 勉強の遅れはどうやって取り戻せばいいのか?

不登校を脱した人の体験談が聞きたいのです。

そしてまた、自分の体験、辛さ、切なさ、苦しみ、苛立ち、さみしさを聴いて欲しいのです。

しかし、それは誰にでも話せる内容ではありません。
同じ不登校という悩みを共有する相手にしか話せない内容なのです。

  • 「自分と同じように不登校で悩んでいる人がいる。」
  • 「苦しんでいるのは自分だけじゃない。」
  • 「私の苦しみをわかってくれる人がいる」

そう思える事が親御さんにとって何よりも勇気になるのです。

不登校で悩むすべての親子へ

インターネットや書店に行けば不登校に関する情報や書籍は存在します。
しかし、長期間不登校で悩まれている親御さんの中には、
情報探しやカウンセリング、子どもの対応に疲れ果て、
なかば諦めかけて孤立してしまっている方もいらっしゃいます。

そんな親御さんの唯一の情報源は学校です。
たとえ頻度は少なくても学校からは定期的にプリントや案内が届きます。

学校から本書や講演会の内容をお伝え頂ければ、
今にも孤立しそうな親子もメルマガ等で全国の不登校と闘っている1000人以上の親御さんと情報共有することが出来るのです。

7000組の事例から得たノウハウ

私はこれまで心理カウンセラー、不登校解決コンサルタントとして7000組以上の親子をサポートしてきました。

その中で得られた不登校解決のノウハウをすべてこの書籍「不登校から脱け出すたった1つの方法」に記しました。

本書を読んで頂くだけでも、

  • 不登校から立ち直ったある親子の体験
  • 子どもを元気にするために今すぐ出来る3つの事
  • 親が気づかずにやっている子どもを追い詰める5つの間違い
  • 他の誰でもなくお母さんだからできること
  • 学校や先生を味方につける方法
  • 親子で幸せになる秘訣

が学んで頂けます。

さらに講演会や勉強会にご参加頂ければ、

  • お母さんが元気と自信を取り戻す方法
  • お父さんの協力を得る方法
  • 自分で問題を解決できる子どもに育てる方法
  • 子どもの将来に対する不安をなくす方法
  • 親子を継続的に毎日サポート出来る方法
  • 先生が疲弊しないで親子をサポート出来る方法
  • 親御さん同士の情報共有で安心を得て頂く方法

などを学んで頂くことができます。

全国1000人のお母さんをつなぐ仕組み

また、本書をお読み頂いた方や、講演会・勉強会に参加された方は、無料メールマガジンに登録して頂くことで、
今も不登校と闘う1000名のお母さん、お父さんと情報や体験を共有して頂けます。

つながることの大切さ

不登校との闘いは孤独です。
それゆえ、時には子どもを責め、自分自身を責め、
出口の見えないトンネルに入ってしまうこともあります。

そんな時、

  • 自分以外にも不登校で悩む人たちがいる事を知ったら・・
  • その方たちの生の体験談を聴く事ができたら・・・
  • 今まさに不登校から立ち直った方たちの体験談を聴く事ができたら・・・
  • 自分の想いや悩みを同じ悩みを持つ仲間に打ち明ける事ができたなら・・・

真っ暗なトンネルに出口を示す希望の光になると確信しています。

著者/講師紹介

菜花俊

菜花俊(なばなさとし)

心理カウンセラー
不登校解決コンサルタント
NPO法人 親心支援協会 理事長

著書「不登校から脱け出すたった1つの方法」はロングセラーとなり、1万1千人以上が涙する。
これまで2万通以上の体験報告メール(体験談)が届き、毎月たくさんの親子が不登校から脱出している。即効性のあるノウハウと強力かつ継続的なサポートが高く評価され入会希望者が後を絶たない。(会員数1008名 2019年2月5日現在)

大学卒業後、建設会社の3代目として経営に携わるも経営不振により倒産、自身も1億円の借金を背負い自己破産。失意で1年間記憶喪失になるも、自身の不登校によって母親が毎日泣いていた記憶を思い出し「不登校で悩んでいるお母さんを支えたい!」と一念発起。不登校で悩む全国の親子を精力的に支援している。

東京・大阪をはじめ、全国各地で「不登校解決勉強会」を開催、講演活動にも力を入れている。

子どもは17才長男、15才次男、7才三男。

特定非営利活動法人 親心支援協会の理事長として、「世界中の親子を笑顔に!」を合い言葉に、親子の成長と自己実現を目的に活動中。

1967年、福島県いわき市生まれ。

講師料等

教育機関、学校関係、PTA向けには講師料2万円〜講演可能です。
(旅費・資料代別)

料金は、開催曜日に応じて基本的に以下の3通りです。

1,土・日曜日開催
  講師料 2万円+旅費

2,月・金曜日開催
  講師料 5万円+旅費

3,火・水・木曜日開催
  講師料 7万円+旅費

※旅費目安:関東・東北南部:3〜4万円
  東北北部、北陸、東海:4〜5万円
  関西:5〜6万円、九州:6〜7万円、北海道:6〜8万円(時期により変動あり)
※一般企業向けには講師料一律5万円プラスとなります。

ご予算等ご相談に応じますので、下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

著者/講師に届いた感謝の声

  • 「一時期はどうなることかと思いましたが、今では笑顔が戻ったひとつの家族です」
  • 「前日にイヤなことがあっても、“朝の5分で生まれ変わる”そんな感覚さえ覚えます」
  • 「いつの間にか子どもや主人に対する接し方が全く変わりました」
  • 「以前は家族を変えようとばかりしていましたが、それではますます気持ちが離れてしまうし、無意味なことだと気づきました」
  • 「未来日記をつけるようになってから、いつの間にか私も家族も良い方向に変わっていきました。いえ、きっと変わったのではないのでしょう。今まで隠れていた良い部分が表に出てきたのだと思います」

もれなく無料プレゼント

お問合せ頂いた方全員に「涙と笑いの体験報告集」を無料プレゼント致します。
日本全国で不登校と戦っているお母さん125人の生の体験談をつづった冊子「涙と笑いの体験報告集」(A4サイズ60ページ)を無料で差し上げます。
お問合せの際、お届け先と共に「無料プレゼント希望」とご記入ください。

講演依頼・お問合せ

講演・勉強会のご依頼等、お気軽にお問い合わせください。
無料プレゼントを希望される際は、お届け先と共に「プレゼント希望」とご記入ください

重要)docomoメール、yahooメール の方はお問い合わせ前にこちらをご確認ください


親御さんから届いたお便り

私の元へ毎日届くお便りの中から、ほんの1部ですがご紹介致します。


この本を読んで、今まで読んだどの本よりも心に染みて、涙が止まりませんでした。
心を閉ざして不登校になってしまった子供に、どう声をかけていいのかわからず不安に押し潰されそうになっていた私。
この本に出会って、過去の自分を許せるようになり、今自分のために何ができるかを考えるようになりました。
本を読んでから、毎日未来日記をつけています。
愛し愛されている自分がいることが分かると、毎朝心が暖かくなるのを感じています。
夜は子供や主人、自分のいいところを書き出して、小さな幸せに気づくことができるようにもなってきました。
今中学三年の次男は、夏休みが明けてから何度か学校に行っています。 まだ昼夜逆転の生活ですが、昼過ぎに起きて、午後から学校に行こうという気持ちになっています。
山あり谷ありの毎日ですが、少しずつ前向きになっているのを実感しています。
自分のために生きる。それが何より子供のためになるということ。 大切なことを教えて頂きました。
この本に出会えて本当に良かったです!ありがとうございました。
(茨城県 Iさん 女性)


私の1人っ子の息子(中三)は、少し神経質で引っ込み思案のせいかクラスになじめず、二学期から不登校になりました。
1学期末から兆候が見られ、菜花先生の著作を参考にさせていただき、夏休みは、ほめる、はげますを続けた結果、親子のコミュニケーションは比較的良好になりました。
成績は良好なのですが、高校に入学してもまた孤立してしまうという不安を持っており、高校も行きたくないと言っています。
すみません、感想でなくご相談のような形になってしまいましたが、いろいろ読んだ不登校の本の中で、最も信頼できると感じたのが菜花先生の著作でした。
先生の著作に出会えたことに感謝しています。
(岡山県 Kさん 男性)


いつもメールを頂きありがとうございます。
高校一年になる息子が6月から休みがちになり夏休みが終わり9月は全く学校に行かなくなりました。
自分でどうしても行きたいと言ってこの高校に決めたのに何故行かなくなってしまったのか全く分かりませんでした。 
単位習得がギリギリになり 心配していました。 
先生の本や皆さんの体験談を参考に毎日子供と関わる事 、無視されても話す、挫けそうになる事もたびたびあり 、今までは自分が楽しくするなんてとんでもないと思っていたのですが、私が楽しく生きようと心掛けて来ました。 
主人とも話しをする事が多くなり家族の絆を取り戻せたのかな。
そうしていると息子にも笑顔が戻り10月に入り学校に行くようになりました。もう大丈夫かなぁ・・・
息子を信じてこれからもサポートして行きたいと思います。
(三重県 Nさん 女性)


現在中2の息子がいます。
中1の3学期不登校でした 。
2学期頃から兆候はありました。
中2の4月から現在まで、頑張って登校していますが、明らかにエネルギー不足。
彼の中ではまだ、何かくすぶっているものがあるのだろうか…そんな不安が拭いきれません。
息子を変えるのではなく、母親である私がまず、幸せになり、息子へエネルギーを与える。
本当にそうですね。澱んだ負のエネルギーの渦巻く家で、子供は元気を補給できるはすがないですね。
イキイキとした、太陽のような母でありたいと思います。
たくさんの気付きをありがとうございました。
本書を読んで、母親である私が息子にどんな生きざまを見せていただろうか!と思い知らされました。
(埼玉県 Iさん 女性)


はじめまして、本書は2冊購入させていただきました。
○○市教育委員会で生徒指導を担当している者です。
本年度は、本市でも問題になっている不登校対策に力をいれており、自分が毎月参加している不登校親の会では、お土産として、様々な本の紹介を始めました。
実は本書を最後まで読み切っていないのですが、あまりにも内容が濃く深く、説得力が他書に較べてダントツなため、慌てて体験報告集とDVDを申し込む次第です。
今後の不登校対策や親御さんへの関わりの参考にしたいと思いますので、よろしくお願いします。
(愛知県 Iさん 男性)


こんばんは。いつもお忙しい中、メールをありがとうございます。
皆さんのメールを拝見しながら、励まされています。
この二週間ですごく変わりました。通信制をいくつか見学し、最終的に面接し、来週から登校することになりました。
高校1年から不登校ですが、本人が決めれたのもほっとしました。ふと、この二週間、私自身すごく穏やかな気分でした。
先生が、いつもメールで皆さんに明るくアドバイスされているのがとても心地よく聞けました。私が穏やかにいること全て、特に子どもに伝わっているんですね。
これからも子どもの速度に合わしていきます。ありがとうございます。
(岡山県 Yさん 女性)


中2の息子が不登校になってもうすぐ半年です。
偶然新聞の広告でこの本を知り読ませて頂きました。
不登校が解決しないと何をしても楽しめないし、幸せじゃないと感じ苦しい日々でした。
私自身が先に人生を楽しんで幸せを感じていいんだ、と思えたら心が軽くなりました。
子供が不登校になってから色々読んだり、相談もしてきましたが、自分が実行できるとピンとくるものがなくこれからどうしたらいいかわからない状態でした。
これから何度も読み直して子供を励ますことのできる親になりたいと思いました。
(埼玉県 Uさん 女性)


中2と小6の息子と私の3人家族です。
中2の息子が小6の2学期から不登校になりました。
色々とありましたが、やっと自分の心に響いた解決法に出会ったようにおもえます。
(福岡県 Nさん 女性)

講演依頼・お問合せ

講演・勉強会のご依頼等、お気軽にお問い合わせください。
無料プレゼントを希望される際は、お届け先と共に「プレゼント希望」とご記入ください

注)docomoメール、yahooメール の方はお問い合わせ前にこちらをご確認ください



当サイトから送信される個人情報は暗号化され保護されています。
第三者に読まれることはありませんのでご安心ください。